主婦のカードローンに申込む3つのポイント

収入のない専業主婦がカードローンに申込むには3つのポイントに注意しなければなりません。

 

  • 専業主婦は総量規制対象外の銀行カードローンでも現在は借りるのは難しい
  • パート主婦も審査が厳しくなった銀行カードローンでは厳しい
  • 専業主婦が配偶者貸付でかりれる消費者金融は旦那に内緒では申込めない

専業主婦とパート主婦では申込むカードローンが違います!

専業主婦とパート主婦では申込めるカードローンも最適なカードローンもまるで違います。これは法律上(総量規制)による違いと、金融庁の銀行カードローンの規制によるもので、

 

  • 専業主婦・・・無収入なので配偶者貸付のある希少な消費者金融しか申込めません。
  • パート主婦・・・安定収入があればいずれのカードローンも申込可能。

となっていますのでそれぞれに最適なカードローンに申込まなければいけません。パート主婦でもスポット的なパートでは専業主婦と同じ扱いになってしまいます。

専業主婦が申込可能な配偶者貸付のある希少な消費者金融でも注意が必要

専業主婦は配偶者貸付のある希少な消費者金融にしか申込めない訳ですが、

 

これは総量規制の例外の配偶者貸付を利用して貸す為その条件として、

  • 収入のある配偶者との関係を証明するもの(住民票など)
  • 配偶者の借り入れの同意書
  • 借りる金額によっては配偶者の収入証明書

が必要となる為、配偶者(旦那さん)に内緒で申込む事は出来ません


こういったことなので、消費者金融も配偶者貸付で専業主婦に貸そうとしても、旦那に内緒で借りれないので需要がないので希少な商品になっています。

パート主婦に最適なカードローンはどこ?

パート主婦(安定収入のある)の場合は自分の与信で申込めるので誰かにバレる心配もなく申込めますが、それでは低金利な銀行カードローンに申込めばいいのではないかと言う事ですがそうではありません。

 

  • 金融庁の規制後の審査の厳しい銀行カードローンでは与信の低いパート主婦では不利。
  • 銀行カードローンでは即日融資が不可能なので、急ぎの要望に応えられない。
  • 主婦が必要とする小額借入では利息がそれ程変わらず、逆に無利息サービスのある消費者金融の方が利息が少なくなる場合がある。

なのでパート主婦の場合は大手消費者金融、特に無利息サービスのあるキャッシングが最適なカードローンと言えます。

パート主婦に最適なカードローン

  1. プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

    プロミスレディース
    実質年率 年4.5%~17.8% 借入限度額 最高500万円

  1. アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

    実質年率 年3.0%~18.0% 借入限度額 最高800万円