パートで働いている方がキャッシングを利用する場合、希望する金額によっても違いますが消費者金融と契約をするのは比較的難しい現状になっています。

その理由は『総量規制』の影響によるものなのですが、総量規制によって年収に対しての借入金額が規制されることになったことで、年収が少ない方は消費者金融を利用する事が難しくなってしまいました。

そのパートキャッシングで収入を得ている場合、概ね5~10万円程度の収入になっている事が多いと思います。

その収入であれば年収は60~120万円程になりますが、配偶者控除などの影響もあるのでせいぜい多くて100万円と言ったところだと思います。

その年収で利用できる金額は、およそ30万円までということになりますが、その年収で30万円の借り入れをしてしまうと月々1万円程の返済の負担は非常に大きくなってしまう為、

 

消費者金融側でもやすやすと契約をしないようになっています。