配偶者貸付とは配偶者の同意を得ることで、その配偶者と合わせた年収の1/3までの借入が行える制度です。

 

専業主婦でも本当に利用可能なの?


消費者金融からの借入には総量規制が適用される為、本来無収入の人が借入を行うことはできませんが、この制度により自身に収入がない専業主婦でも融資を受けることができるようになります。

 

正確には兼業主婦なら利用可能と考えたほうが良いかもしれません。


制度上ではこのように決められていますが、実際には消費者金融は専業主婦への配偶者貸付には消極的です。大手ではまず契約をしてくれる会社はありません。消費者金融では契約者本人にも収入が必要という条件も多いです。

専業主婦利用可能な銀行カードローンの場合について

専業主婦のは無収入の為、配偶者である夫の職業や年収による審査になりますが、契約をするのは妻になる為、返済も妻がすることになります。夫はこの配偶者貸付に同意をしても保証人になる訳ではなく、返済義務も追いません。

 

可能性として融資してもらえる額が大きいのは銀行のカードローンよりも配偶者貸付じゃないの?


ですので消費者金融から見ると、夫の方が契約してくれる方が都合がいいからです。専業主婦ではなく、パート等で本人に月5万円程度の収入がある場合は消費者金融でもこの配偶者貸付を行ってくれる会社が多いです。

 

消費者金融からすれば、配偶者に直接契約してもらうほうがリスクが少ないとも考えられますよね。


それ以下の収入の場合は消費者金融は諦めた方がいいかも知れません。銀行では事情が違い、無収入の専業主婦でも借入をすることができます。限度額は30万円までのことが多いですが、夫の同意は必要ありません。

 

そうね夫には相談できないしなるべくなら知られたくないわねぇ・・・


夫の会社名や住所等の記載を求められることがありますが、実際に夫の会社への確認が行われることはありません。

 

知られたくなら少額融資でも返済リスクが小さくてすむ銀行カードローンに申込むべきですよ。


またその銀行に夫の給与振込口座があることが条件のこともありますが、強制的にそこから引き落とされるようなことはなく、夫に秘密に借入を行う場合、限度額は低いですが銀行からの借入が便利だと言えます。